寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

一括償却資産と少額減価償却資産の選択に迷ったら 一括償却資産を選択しよう!

calendar

reload

こんにちは、税理士の寺田です。

まずは、一括償却資産と少額減価償却資産について簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

一括償却資産とは

取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産について、法定耐用年数や資産の種類に関係なく3年間で均等償却することができます。

償却資産税はかかりません。

少額減価償却資産とは

取得価額30万円未満の減価償却資産について、1回で即時償却することができます。(年間300万円限度)

なお、青色申告の届出をしている中小企業者等に限られます。

こちらは、償却資産税がかかります

10万円以上20万円未満のものはどちらを選択すればいいのか

まず、当期に税金が出るかが重要になります。

今期が赤字や繰越欠損金が残っていて税額が出ない場合には、一括償却資産を選択しましょう。

一括償却資産は少額減価償却資産と違って、償却資産税がかからないからです。

逆に、黒字で今期の税金をできるだけ安くしたいという方は、少額減価償却資産を選択して即時償却するほうがいいでしょう。

ちなみに、償却資産税は150万円まで非課税枠があります。

[blogcard url=”https://terada-tax.com/%E7%A8%8E%E5%8B%99%E4%BC%9A%E8%A8%88/%E7%A8%8E%E6%8A%9C%E7%B5%8C%E7%90%86%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%8C%E5%84%9F%E5%8D%B4%E8%B3%87%E7%94%A3%E7%A8%8E%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82/”]

 

【編集後記】

今日、支部の例会で総合学習センターに行って来たんですけど、爆弾が仕掛けられたというので、しばらく入れませんでした。

本当に爆弾が仕掛けてあったら危ないので帰ろうと思いましたが、県連のボウリング大会の告知をしなくてはならなかったので爆発におびえながら参加しました。