寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

松井珠理奈「お前負けろよ」って目で見てました

calendar

reload

松井珠理奈「お前負けろよ」って目で見てました

最近、秋元先生の洗脳が解けかけていたのであるが、今月号のブブカの松井珠理奈のインタビューを読んでその男気に惚れてしまった。

2013年に行われた第4回のAKB48の「じゃんけん大会」で松井珠理奈が優勝したのを覚えている人も多いだろう。

なんと、彼女はパーのみで優勝してしまった。

当時は、八百長ではないかと言う意見もあった。

しかし、現実はそれとは違う。

松井は途中から自分がパーしか出していないことに気づいていた。

力んでいたり、気合が入っている人はグーを出す。

元々、じゃけんという競技のは統計的にも最初にグーを出す確率が高い。

決勝戦の相手はNMB48の上枝恵美加であった。

目で殺してやろうと思った。

わかってるよね?

あなたは勝って支えられるのこれ?

あたながセンターで100万枚というトップセール記録は続けられるんですか?

それはどう考えてもあなたじゃなくて私じゃなきゃ無理ですよね?

100万枚を背負うという覚悟は出来ているの?

私はパーしか出さない!

だから…

お前負けろよ

上枝もチョキを出せば勝てると分かっていると言うのに、体が思うように動いて…くれない。

松井珠理奈がSKE48に入ったのは小学6年生からである。

それからSKE48や48グループのことのみをひたすら考えて来た。

秋元康は松井珠理奈のことを「10年に一人の逸材」「神様が指さした子」と評している。

まさに、運命の子である。

松井珠理奈はで「じゃんけん大会」に勝ったのではない。

己ので上枝恵美加に勝って優勝したのだ。

<参考文献>BUBKA (ブブカ) 2017年7月号

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す