税理士の寺田さん

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

高橋みなみ『リーダー論』を読んでAKB48を知る

calendar

reload

高橋みなみ『リーダー論』を読んでAKB48を知る

先日、税理士会の宴席で好きな芸能人の名前を聞かれたので、私は分かりやすく同じ群馬県出身である白石麻衣さんの名前を上げた。

常々、彼女の超絶的な美しさはこの世の物とは思えなく一時期はCGではないかと私は本気で疑っていたくらいである。

しかし、まいやんほどのビックネームを出しても彼女のことを知っているのは同席しているコンパニオンしかいなかった。

挙句の果てには、AKB48のメンバーと勘違いする輩があらわれる始末である。

我々、乃木坂46のファンは、公式ライバルであるAKB48と一緒にされるのが一番腹立たしい。

立ちあがって必死でAKBグループと坂道シリーズの違いを力説する私の姿はさも滑稽に見えたことであろう。

先日、発売されたAKB48の10周年シングル『君はメロディー』のタイプEバージョンでは乃木坂46も楽曲に参加している。

この事例をとって見ても、世間の人が乃木坂46をAKB48グループの一支店と解釈する人が出て来てもしょうがないのではないかと感じている。

公式ライバルだということで私はAKB48を敵視していたが、最近では少しずつAKB48ついて勉強を始めた所である。

そこで手に取って見たのがAKB48の総監督である高橋みなみ氏の『リーダー論』である。

秋元康氏の「AKB48とは、高橋みなみのことである」という発言は有名であり、その高橋みなみの本は読んでおきたかったからである。

私は前田敦子になれなかったから、リーダーという道を選んだ。

「努力は必ず報われる」と、私、高橋みなみは、この人生をもって証明します。

本著の素晴らしいところは、自己啓発本としての完成度の高さであろう。

世の中のリーダーやリーダーを目指す人が読んだら頷けるシーンが多いであろう。

贅沢を言わせていただければ、AKBについて勉強している私にとっては他のメンバーに対する記述をもっと増やしてほしかった。

そこで、最後にメンバーに対する記述をいくつか抜粋しておくこととする。

メンバーひとりひとりに対する総監督の優しい眼差しが感じられた。

スポンサーリンク

メンバーに対する記述の抜粋

島崎遥香について(53頁)

今でこそ「塩対応」がキャラとして認められているし、彼女の根っこにある真面目さも理解してもらえつつあると思いますが、最初の頃は誤解されることが多かった。なぜかというと、本音を伝えるのが苦手な子だったからです。

山本彩について(66頁)

彼女は歌がうまく、ダンスのスキルもすごく高い。でも『僕たちは戦わない』というAKB48屈指のダンスナンバーで、序列が下がって3列目でパフォーマンスをすることになりました。彼女は「自分の持ち味が出せる楽曲なのに・・・・・・」という思いもあったのか、落ち込んでいました。

渡辺麻友について(120頁)

彼女は、グループの中でも一番、まっすぐに努力をしているメンバーだと思います。だからこそ、一番、矛盾と戦っているメンバーでもあります。AKB48は、正統派のアイドルとしてまっすぐに光り輝き続けることだけが「正義」とは限らない、という矛盾をはらんでいます。「正解」がいくつもある世界で、これから自分はどの道を進んでいけばいいのか悩んで、もがいて、努力している。

松井珠理奈について(154頁)

『大声ダイヤモンド』(2008年10月)という新しいシングルのセンターは、敦子でもなくAKB48のメンバーでもない、「名古屋の子らしい」という一報が入った時のザワつきは半端じゃなかった。
不信感を抱きながらレッスン場に入ったら・・・・・・その子が必死になって練習していたんです。「よろしくお願いします。松井珠理奈です」と挨拶する姿がけなげで。年齢を聞いたら11歳!見た目こそ大人びていましたが、話をしてみたらまだ幼くて、本当にまっすぐないい子で。

横山由依について(177頁)

横山は正規メンバーになる前、平日の昼間は地元である京都の高校に通い、放課後はアルバイトを掛け持ち。そこで稼いだお金で、東京に通う交通費や宿泊代をまかなっていました。ど根性ですよね。

リーダー論 (講談社AKB48新書)
リーダー論 (講談社AKB48新書)

この記事をシェアする

コメント

  • 初めてコメントさせていただきます。
    高橋みなみさんの、リーダー論は読みました。
    AKBのメンバーの本というだけで遠ざけがちですが、まとめる人、特に女子グループを見る人には役立ちそうだなと思いながらよんでいました。

    AKBグループの事を知りたいのであれば、AKB49という漫画がオススメです。
    グループ毎の特色や、メンバーの特徴も描かれていて、またマンガとしても面白いと思います。

    by テニスマン 2016年6月23日 11:59 PM

    • コメントありがとうございます。
      機会がありましたら『AKB49』読まさせていただこうと思います。

      by 税理士の寺田さん 2016年6月24日 12:03 AM

down コメントを残す




関連記事

folder 俺のアイドル

三代目奇跡の一枚 終演後物販の兎遊ちゃんとチェキを撮りに行く
天晴れ!原宿無銭フェス「エンドレスサマー」は母親の胎内である
BiSHのTBSはTIF4日目である
more...

folder 乃木坂46

『逃げ水』の全国握手会に行く@幕張メッセ
乃木坂のアンダラ東京公演に行く
16枚目シングル「サヨナラの意味」第12次個別握手会完売表
more...

folder 欅坂46

不協和音の全国握手会でやらかした
『二人セゾン』全国握手会in幕張メッセにぽんかんそくに行く
欅坂46の初ワンマンライブ有明コロシアム公演に行く
more...

folder BABYMETAL

THE ONEのBIG TEEを着てみました
ベビーメタルの東京ドーム公演『黒い夜』に行って来ました
ひめたんと握手してきました。
more...

folder 税理士試験・税理士業界

No Image

No Image

No Image

more...

folder 税務会計

No Image

No Image

No Image

more...

folder 仕事について

こんまり流片づけメゾットで大掃除したら部屋から何もなくなりました

No Image

No Image

more...