寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

日記

今でも西野七瀬レーンに並んでいる。

今でも西野七瀬レーンに並んでいる。

現役最強のアイドルと言えば誰であろうか。

それは、乃木坂46の西野七瀬である。

私は、今迄、西野七瀬の握手レーンより長い行列を見たことが無い。元NMB48 の山本彩の握手列も凄かったが、西野七瀬の握手列はそれよりも長い。 AKB48では、毎年総選挙が行われているが、もし、アイドル総選挙が行われたとしたら、一位は間違いなく西野七瀬であろう。

最近の株価低迷について米中の貿易戦争が原因であると、エコノミストは口を揃えて言うが、彼らは重要な視点を見逃している。それは、乃木坂46の西野七瀬の卒業である。私は、西野七瀬が卒業を発表した次の日には、手持ちの株式を全部売却して、損失を最小限に食い止めている。一説によると、安倍首相も西野七瀬卒業の一報を聞いて、三度目の消費増税延期を検討したと言われている。

西野七瀬の個別握手券は兎に角、倍率が高い。宝くじに当たるようなものである。西野七瀬の個別握手券があれば、群馬県民でも通行手形無しで東京都に入れるというのは有名な話だ。それほど、西野七瀬の個別握手券は、貴重なものなのである。そのため、西野七瀬に会うためには、個別握手会ではなく、全国握手会に参加する必要があり、全国握手会にとんでもない行列が出来るのだ。

最近の乃木坂46の爆発的な人気に伴い、全国握手会でも困った問題が起きている。それは、地下アイドルのオタクが紛れ込んでいるのだ。 我々、乃木オタと地下アイドルのオタクとでは、そもそも民度が違う。彼らはイエッタイガーと言われる独特な奇声を発する。私も詳しくは知らないが、「(あー、よっしゃいくぞー)タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャー!」と言うようなコールをするのだ。私達、乃木オタは、このイエッタイガーを決して認めない。私にはイエッタイガー警察としての使命があるのだ。イエッタイガーを、乃木オタ伝統の「超絶可愛い」コールや「俺の嫁」コールで掻き消さなければならない。

しかし、今日ばかりは、イエッタイガー警察をしている場合ではない。私くらいのハンドシェイカー(握手会の常連)になると、握手会前のミニライブは干して、最初から握手列に並ぶ。そうでもしないと、現役最強アイドルである西野七瀬と会うことは出来ないのだ。だいたい、私達、乃木オタは一年の三分の一くらいは握手列に並んでいる。よく、世間的に“オタクは臭そう”というイメージがあるが、その見識は間違っている。私達、オタクは臭いのだ。一年のうち、三分の一は握手列や物販列に並んでいるため、風呂に入っている時間が無いのである。

昨年の12月18日から西野七瀬の握手レーンに並んでいる。2月の卒業コンサートまでには、西野七瀬に会いたいと思っていたが、とうとう握手列に並んだまま、卒業コンサートを迎えてしまった。そして今、卒業コンサートをスマホで見ている。京セラドームで巨大どいやさんのバルーンに乗る西野七瀬。私の涙腺は崩壊寸前。外は凍えるような寒さだ。去年の夏の幕張メッセでの全国握手会では、灼熱の炎天下のなか、何時間も並んだ。なぁちゃん、卒業おめでとう。どんなに長い行列だって、何時間だって、いつまでだって並んでいられた。その先には必ず君の笑顔があったから。

コメントを残す




関連記事