寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

amiinA、miyu復活!赤坂BLITZセカンドワンマンでの奇跡

calendar

reload

amiinA、miyu復活!赤坂BLITZセカンドワンマンでの奇跡

昨年の年末からamiinAのmiyuは喉の調子を崩していた。年末年始はイベントが立て込む時期である。そのため本調子じゃないステージが幾度か続いたのだ。

私はその度に声を枯らして叫んだものである。

「amiinAはあんなもんじゃないんです!」

「あれで感動して貰っては困るんです!」

その頃の私は「あんなのmiyuちゃんじゃない」と言ってはライブハウスの床に寝転がって駄々をこねて背中を痛めたり、酒を浴びるように飲んでは家人を困らせたものである。

2月1日の2ndワンマンも間近だというのに。確定申告の準備なんかしてる場合じゃない。心配で夜も眠れない日々が続くなか、とうとうワンマンライブ当日となってしまった。歌え!miyu!音程なんて関係ない。本能の赴くままに。君の歌声は楔。神様から与えられたギフト。私と世界を繋ぎ止める楔。

しかし、私の心配は杞憂に終わることとなった。ふんだんに使われるVJ。
NETWORKS 、コウテカ3、serph、チェリーコークスと豪華なゲスト陣。赤坂BLITZという最高のステージ。そして、復活したmiyuの歌声。miyuが帰って来たのだ。あのライオンの咆哮が再び帰って来たのだ。 アンコールではmiyuのピアノの弾き語りも披露された。

その時、信じられないことが起こったのである!

私の瞳から何か熱いものがこぼれ落ちたのである。何なのだこれは?もしかして、これが涙?その時、私は40年以上生きてきて、生まれて初めて涙というものを流したのであります。税金を計算するだけの何の感情も持たないウォーズマンの如きマシーンである私が。同級生のM君が亡くなった時でさえ、泣かなかった、あの私が、生まれて初めて涙というものを流したのであります。miyuさんが私に奇跡を起こしたのです。

赤坂BLITZから出ると、東京は今にも雪が降りそうな寒さだ。なぜ、僕らは、これほどまでにamiinAに惹かれるのだろうか。それは、既に『signal』の歌詞に書いてある。彼女達が“本当の歌を選んだから”だ。

二十代という若さで死を選んだ同級生のM君。君が昔、楽しみにしていた『アルスラーン戦記』の結末ですが、アマゾンのレビューで酷評されています。僕はもう少し頑張るよ。本当の歌に出会えたから。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す