寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

群馬県の県立歴史博物館の改修工事が16億6千万円もかかるそうです!

calendar

reload

群馬県の県立歴史博物館の改修工事が16億6千万円もかかるそうです!

こんにちは、税理士の寺田です。

仕事が結構事務系なものでついつい運動不足になってしまいます。

そんな時、近所の群馬の森に行って散歩したりすると気分転換にもなります。

1週すると40分くらいで、私に取っては丁度いい距離です。

しかし、最近、歴史博物館がずっと工事中のため、途中で迂回しなければなりません。

そこで、どうしても気になる看板があったので紹介しておきます。

スポンサーリンク

景気がいいものです。

15-10-02 006

工事概要 RC造 地下1階地上2階建て 延面積 7,819.79㎡
工事期間 平成26年10月7日~平成27年10月30日
請負額 1,661,040,000円
建築:三田・神宮・昭和JV
電気:群電・門倉・電機JV
空調:ヤマト・金井興行JV
給排水:藤田エンジニアリング㈱

JVとは共同受注のことをいいます。

新しく建てるんじゃなくて、改修工事で16億6千万円だそうです。

私、歴史博物館なんて、小学校の時に授業で1回行ったきり、入ったことないです。

正直、金額がデカすぎてこの金額が妥当かどうかも判断できません。

でも、群馬県民の人には一応、こういうことに、お金を使っているということを知って貰いかったんです。

高崎近辺の人じゃなきゃ群馬の森なんて行くこと無いですから。

私が、知らなかっただけで上毛新聞とかには、記事になっていたのでしょうか?

看板に請負金額を書くあたりは、結構、群馬県の姿勢も良心的な気がします。

ただ、金額があまりにも大きくてビックリしてしまいました。

正直、私の方にもこの公共工事のおこぼれが回って来てくれたらなー、などと考えていました。

羨ましいものです。