寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

今泉佑唯(ずーみん)「いつか平手友梨奈を越えたいです」

calendar

reload

今泉佑唯(ずーみん)「いつか平手友梨奈を越えたいです」

コンバットREC氏が『サイレントマジョリティー』のMVを見た率直な感想として「平手友梨奈とスクールメイツ」と評していた。((『BUBUKA』2016年6月号40頁))

随分、酷い表現だ。

しかし、この表現はある意味、的(まと)を得ている。

MV全てがセンター平手友梨奈を中心に構成されており、その他のメンバーがバックダンサーと化しているのだ。

セカンドシングル『世界には愛しかない』でも前作と同様、平手を前面を押し出した作品となっている。

そんな中で私は唯一、平手からセンターを奪いたいと言うメンバーを見つけることが出来た。

そのメンバーが「ゆいちゃんず」の小さい方の今泉佑唯だ。公式プロフィールだと身長は154cmと書いてあるが、実際には151cmくらいしかないらしい。((『BUBUKA』2016年5月号69頁))

「自分はセンターの隣とか後ろにいるような存在なのかなと思って、諦めかけていた部分もありました。・・・・・・。でも、嫌なんです、いつまで経ってもずっと隣りとか。だから、いつか平手(友梨奈)を越えたいです。」((『BUBUKA』2016年5月号70頁))

最高かよ。

この今泉佑唯だがその他にも推せる要素が沢山ある。

まず、5人兄弟の末っ子で寄声を上げる兄がいる。((『欅って、書けない?』にて電話出演した際、その雄叫びを披露し爆笑を巻き起こした。))

魚肉ソーセージが好きでカバンの中に常に所持している。

欅坂46に入る前は松屋、ラーメン屋、ゴーゴーカレー、CoCo壱でアルバイトをしていた経歴を持つ。((『BUBUKA』2016年9月号92頁))

私の生活圏内にいてもおかしくない。

センターに立ちたいという今の感情をいつまでも忘れないでほしい。

複雑に見えるこの世界は単純な感情で動いているのだから。

この記事をシェアする

コメント

  • 的を射ている

    by かたつむり 2016年8月23日 7:00 AM

  • グループアイドルが支持される最大の要因は、センターを目指しての競争がメインドラマになっていることです。
    メンバーの中にセンターを目指さない人間がいたら、グループは劣化します。
    でも、基本的にグループアイドルはピンで勝負できない人間の集団なので……。
    平手友梨奈がそんなに突出したスター性のある女性とは思えないので、それでも周りのメンバーがバックダンサーに見えるというのは、周りのメンバーのレベルが低すぎるか、プロデューサーの平手の取り上げ方が偏っているかでしょう。
    「渋谷川」のMVを観ましたが、中々いいじゃないですか。二人だけで勝負してみては……。

    by yasumetal 2016年8月23日 2:16 PM

  • 前述のコメントは、平手友梨奈さんを初め、頑張っている欅坂46のメンバー、そして欅坂46のファンの
    皆様に対して、大変失礼な発言でありました。
    心から反省し、お詫び致します。

    by yasumetal 2016年9月12日 12:33 AM

down コメントを残す