寺田税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

『逃げ水』の全国握手会に行く@幕張メッセ

calendar

reload

『逃げ水』の全国握手会に行く@幕張メッセ

「オレの嫁、オレの嫁、齋藤飛鳥さーん!」
「いやいやいやいや、オレの嫁、オレの嫁、齋藤飛鳥さーん!」
「いやいやいやいや、オレの嫁、オレの嫁、齋藤飛鳥さーん!」

会場に入ると懐かしいガヤが聞こえて来た。地上でも地下でも、ヲタの民度というのは、それほど変わらないようだ。

思えば、最近の乃木坂46は、私が好きだった頃と随分、変わってしまった。現在のセンターは、実家がヤギを飼ってる子と高校をジョグで通っている子だと言うではないか。そんな品の無さそうな子に、果して伝統ある乃木坂46のセンターを任せて大丈夫だろうか。

今日の幕張メッセの全国握手会には、関東中から推定2万人の乃木ヲタが集結した。

この全国握手会では握手会の前にミニライブが行われる。

overtureが鳴り出すと私達は、何かに取り付かれた様に両手に持ったペンライトでリズムを刻まずにはいられない。幕張メッセという巨大な会場では彼女達はあまりにも小さいので、モニター越しにしか彼女達の姿を確認することが出来ない。二万人の観客を前にしても彼女達はマイクを通して歌うことはない。なぜなら彼女達はスーパーアイドル乃木坂46だからである。今日も、みごとな口パクを披露してくれた。おかげで、このような大会場でモニター越しに乃木坂46を見ながら、CD音源を心ゆくまで堪能することが出来た。これでこそLiveだ。

最初に、披露してくれたのは表題曲の『逃げ水』である。この『逃げ水』はミリオンセラーを記録しているが、日本人にはあまり知られていないという不思議な楽曲でもある。

このミニライブは全国握手会の単なる前菜にしか過ぎない。ミニライブの後の握手会が本体であり、この握手会こそが乃木坂46を乃木坂46たらしめているものである。

この握手会は毎回、前日に体調が悪いと言い出すメンバーが出たり、当日に戦線離脱者が続出する過酷なものである。人気メンバーになると、2秒に一人のヲタクをさばいて行く。その様は、一部のヲタから「高速握手」と恐れられている。最近では、2時間並んで1,650円のCD1枚で2秒しか握手が出来ないのではコスパが悪すぎると言って、地下へ他界するヲタもいるという。

行列がエグいので、ミニライブだけ堪能して、早々に帰ることとした。

この記事をシェアする

コメント

  • 口パクではないライブもあるのでしょうか

    でもまあ、トークがあるから……

    Perfume はそういうパターンらしいですね。
    BABYMETAL はC&Rはあるけれどもトークはない。曲数も少ない

    by yasumetal 2017年9月11日 3:53 PM

    • アイドルのライブは口パク、かぶせ、生歌の3種類があり、どれも長所も短所もある感じです。

      by 税理士の寺田さん 2017年9月11日 11:35 PM

  • 19thシングルで西野と飛鳥がWセンターで生歌を披露してましたが正直ちょっと・・・ですね。
    生歌やるなら生田絵梨花か久保史緒里くらいしか無理では・・と思います。
    久保史緒里の実力と才能なら大人数の乃木坂46ではなく個人で活動しても台頭すると思うのですがね。

    by ろん 2017年10月19日 12:33 AM

down コメントを残す