寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

生駒里奈が3列目になった理由を分析してみました。

calendar

reload

乃木坂46の13枚目のシングル「今、話したい誰かがいる」で生駒里奈さんが、前作のセンターから3列目に移動しました。

降格と言っていいでしょう。

福神入りできなかったのも、初めてです。

スポンサーリンク

個別握手券の売上では

私みたいにな、にわかファンからするとちょっとびっくりなんですよね。

まず、前回の12枚目の「太陽ノック」でセンターになった理由を考えて見たいと思います。

「太陽ノック」で生駒は久しぶりのセンターでした。

5枚目の「君の名は希望」依頼のセンターです。

この12枚目シングルは今回の13枚目シングルが10月28日の発売ですから、紅白で歌う曲は12枚目の「太陽ノック」の方が可能性が高いでしょう。

そのため、紅白を見据えた時に、一番、認知度が高い生駒をセンターにしたと考えられます。

あと、AKB48との兼任による功績も大きいと考えられます。

彼女は、AKBの総選挙に出て知名度を上げ、新規の客を乃木坂46に引っ張って来たご褒美的な意味もあるでしょう。

では、なぜ、13枚目で生駒がセンターから外されたかと考えると、実は、個別握手券の完売率が、ほかの福神メンバーと比べると悪いです

普通の会社でいったら営業成績はそんなによくないんです。

一般人には、ほとんど知名度のない、今回フロントメンバーに抜擢された衛藤美彩、深川麻衣よりも全然、成績が悪いです。

生駒が外の世界で集客してきたお客さんが、実際には、ほかのメンバーを推すようになるとは、皮肉な結果であるといえます。

今回は、運営側が一般の知名度より個別握手券の売上を優先したとしたら、生駒が3列目という結果は当然と言えるでしょう。

前回の「太陽ノック」が主題歌のドラマ「初森ベマーズ」でもセンターで歌っていますが、実際にはドラマの主演は西野七瀬で、生駒はアカデミーという脇役の一人です。

また、ライバルのポラリス学園のエースが白石、この時点でWセンター構想があったのでしょう。

【関連記事】
生駒里奈の握手券はなぜ売れないのか

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す