寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

Home » 坂道編 » 欅坂46の『世界には愛しかない』の全握に行ってきました。

欅坂46の『世界には愛しかない』の全握に行ってきました。

calendar

reload

欅坂46の『世界には愛しかない』の全握に行ってきました。

今、幕張メッセで行われている欅坂46の全国握手会の行列に並びながら久しぶりにブログを書いている。

なぜ、私が最近ブログを更新していなかったかと言うと仕事が忙しくて更新している暇がない、ツイッターで乃木坂46のバースデイライブのセットリストをつぶやいているだけでめちゃくちゃファボられているのを見てブログに限界を感じた、とかそういう理由ではなく単純にブログを書いている時間をヲタ活に充てたかったからだ。

全国に3人くらいいる私のブログの読者には申し訳がない。

なぜ、私が欅坂46の全国握手会に来ているかと言うと作家・柳美里氏の「てちこ(平手)は垂直に刺さってくる」という言葉が忘れなかった、というわけではなく、ただアイドルと握手がしたかったのだ。ミニライブが始まる前から会場のあちらこちらで絶叫が聞こえてくる。何て民度の低い連中だ。公衆の面前で叫び出すなんて。どうせ恵まれない青春でも過ごして来たのだろう。

オーバーチャーが鳴り響きミニライブがスタートすると私は全力で叫んでいた。失った何かを取り戻そうとしていたのかもしれない。過ぎ去った年月と毛根はもう戻ってこない。まさか自分が四十を間近にしてアイドルの握手会に行くような人間になるとは思わなかった。出来れば母親には自分の息子が立派に育ったところを見せたかったがどうやら残念に育ってしまったようだ。

平手・尾関レーンに並びましたが一時間以上待ちました。感想は二人とも顔が小さくて肌のきめが細かかったです。また何かの行列に並ぶようなことがありましたら更新したいと思います。