寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

寺田さん、ひめたんと一緒に直木賞を目指す

calendar

reload

先日、乃木坂46のみさ先輩こと衛藤美彩と公認会計士の澤昭人氏の会計入門小説『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』が、8月26日に発売されることが決定した。

私がこのニュースを初めて聞いた時の正直な感想は「やられた!」だ。

こんな方法で会計士がアイドルと仕事をすることが出来るのかと目から鱗が落ちる思いがしたのである。

みさ先輩には是非ともこの著書を大ヒットさせて頂きたい。

出来れば映画化くらいまで行ってもらいたい。

そうなると、出版社としては第二弾が欲しくなってくる。

そこで、我らがひめたんこと中元日芽香と税理士の寺田さんの登場である。

タイトルは『なぜひめたんが人件費を資産計上したら資本主義が崩壊したのか?』である。

実は、先日序章を書き上げたところであり既に私のブログで公開している。

関連ひめたんは21世紀のマルクスになろうとしている

これといった反響は無かったが若干の修正とひめたんの名前を出せば大ベストセラー間違いなしである。

我らひめきゅんも今では個別握手会30部の一大勢力であり、みさみさーくるとの差はほんの誤差と言っていい。

帯は今週、Mステでタモリさんに会うだろうからその時にひめたんからタモリさんにお願いして貰うことにしよう。

普通のひめきゅんはひめたんにはセンターになってもらいたいくらいしか考えていないであろうが、私のようなパーフェクトひめきゅんになるとそれには飽き足らずひめたんには直木賞もとってもらいたいのである。

『なぜひめたんが人件費を資産計上したら資本主義が崩壊したのか?』は100万部の大ベストセラーになり、その後映画化決定。

主演はひめたんにやって貰おうと思ったが、これ以上人気が出るとアンチが増えるので止めておこうと思う。

現在、映画の主演はひめたんと同郷の和田まあやにやって貰おうかと秋元先生に相談しようと思っている。