寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

堀未央奈は選抜落ちしたから髪を切ったわけでは無かった。

calendar

reload

堀未央奈は選抜落ちしたから髪を切ったわけでは無かった。

乃木坂46に懸ける思いが強いメンバーとして私の中で真っ先に名前があがるメンバーは堀未央奈である。

彼女は乃木坂46の2期生のオーディション合格した翌日に高校を中退している。((鈴木634『乃木坂46物語』168頁))

「乃木坂46のためにすべてを岐阜に置いてきた」((『BUBUKA』2015年8月号101頁))

先日、12枚目シングル『太陽ノック』の選抜発表を見返していたのであるが、堀ちゃんの髪が既にショートなのである。

私の記憶の中で堀ちゃんは、選抜落ちしてその悲しみを乗り越えるために髪を切ったことになっているのである。

なぜ、私の記憶がこのようにすり替えられてしまっていたのか調べていたら、映画『悲しみの忘れ方』の編集がおかしかったのである。

乃木坂46のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方』のラストのシーンを思い出してほしい。

母親「二年前。私の娘は二期生として乃木坂に入り、いきなりセンターとして活動を始めた」

母親「最初だけセンターで、あとは落ちていく一方だった」

母親「ファンからのイメージは、『謎めいた感じ』『孤独』」

母親「本当の娘は真逆だ」

母親「落ちていく自分」

母親「自分ではない自分」

母親「葛藤していた」

12枚目の選抜発表後。
泣き崩れ、床に崩れ落ちる。
そんな彼女に駆け寄る仲間たち。

母親「乃木坂を辞めるか、髪を切るか」

母親「そして娘は ・・・ 髪を切った」

そして、主題歌の「悲しみの忘れ方」が流れ出しエンドロール。

寺田さん(筆者)号泣の流れである。

このように映画だと選抜発表後に葛藤して髪の毛を切ったように描かれているのである。

では、なぜ堀ちゃんが髪の毛を切ったのかという理由であるが、私の愛読書のブブカのインタビューでは次のように語っている。

「髪を切る前は、モヤモヤしていたというか、これからどう頑張っていけばいいのかずっと考えていました。それで『ここからが勝負だ!』と思って、その決意として髪を切ったんです。その直後の選抜発表だったので・・・・・・。」((『BUBUKA』2015年8月号100頁))

堀ちゃんなりの決意表明らしい。

すっかり監督の丸山健志氏に騙された。

最近の丸山氏は『裸足でSummer』のMVでメンバーを茶色い海で躍らせると言う謎の演出をしてまた私を驚かしてくれた。

 

この記事をシェアする

コメント

  • 騙された❗❗と思っているのはキャップと寺田さんくらいでは??👀

    by とらごろう 2016年8月17日 10:02 AM

    • まじすか。失礼しました。

      by 税理士の寺田さん 2016年8月17日 10:08 AM

  • いや、なんとなくそんな気もしちゃってる自分もいました。
    髪を切ることを決めてはいたけど、発表とのタイミングまではどうだったかなと。
    5/28の46SHOW見直しました。
    うーんこれを改めて見ると・・・未央奈、魅力的かも。

    by appi 2016年8月18日 6:27 AM

down コメントを残す