寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

堀未央奈が高校を中退したのは生駒里奈にも責任があると思う

calendar

reload

最近、「乃木坂工事中」で堀未央奈と生田絵梨花が喋ってると凄い胸がざわざわする。

どういう科学反応が起こるのかワクワクする自分がいるのだ。

スポンサーリンク

堀未央奈 旅立ちの日

堀未央奈は子供の頃はあまり外で遊ばず、教室で本を読んで過ごすタイプであった。

放課後は家の近くの河原で石を探すのが好きという当時から少しから変わった少女であった。

中学2年の時に、AKB48グループを知り一瞬で好きになった。

高校1年の12月に乃木坂46の2期生が募集される。

そんなある日、大好きな生駒里奈のブログに2期生に向けての次のようなメッセージが書かれていた。

「今やりたいと思っている皆さんへ。

今あなたはその生活を捨てる覚悟はありますか?

ちょっと言い方がきついかもしれないけど、学校、部活、友情に恋愛。

乃木坂になるからだけではなく、アイドルや芸能界に入るとあまり出来なくなります。

正直。
壊したくなければ考えた方がいいんじゃないかな?

(中略)

私達乃木坂46は一生懸命この乃木坂46を創ってきました。

みなさんが入って乃木坂46の色は変わるでしょう。
そしてそれも乃木坂46になります。

生駒里奈は待ってるよ。」

それを読んだ堀の体に稲妻の様な衝撃が走った。

生駒さんが私を呼んでいる。

大好きな生駒さんが私のことを呼んでいるのだ。

彼女は乃木坂46二期生のオーディションを受けることを決心する。

すっぴんで受けたオーディションであった。

自信は無かった。

結果は見事合格。

その翌日、高校を中退した。

それは、堀なりの覚悟の現れであった。

私はこの時の純粋なまでの堀の覚悟を思うと時々、胸が苦しくなる。

恐るべき『アイドル道』と言っていいであろう。

「生駒さん、私は学校、部活、友情に恋愛、全て捨てられます!」

後に「乃木坂の未来」とまで言われることとなる乃木坂46堀未央奈誕生の瞬間である。

(補足)
その後、高校に再入学して1年遅れで今年の春に無事に卒業しました。

<参考文献>乃木坂46物語

この記事をシェアする

コメント

  • 落ちが素晴らしい。

    by yasumetal 2016年7月24日 10:23 AM

down コメントを残す