寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

伊藤かりんがメンバーを将棋の駒に例えました。

calendar

reload

11月30日の「乃木坂工事中」の第2回プレゼン大会で伊藤かりんがメンバーを将棋の駒に例えているのがおもしろかったので記事にしました。

「乃木坂一の乃木坂おたく」と言われている伊藤かりんがメンバーをどのように見ているのかが見れておもしろかったです。

やっぱり、アンダーメンバーも一緒に出ている時は神回が多いです。

スポンサーリンク

メンバーを将棋の駒に例えると

歩 生駒里奈

先陣を切って他番組などに切り込みAKB48で成長して帰還

香車  能條愛未 永島聖羅

バラエティで見せる突進力 気合が空回りする茶目っ気あり

桂馬  高山一実 生田絵理花

人とは違う角度でモノを捉える一芸に秀でた天才肌タイプ

銀将 若月佑美 桜井玲香

多様な才能を乃木坂46とは違う新しい舞台で発揮している

金将 白石麻衣 橋本奈々未

センターを守る重鎮的なイメージ メンバーが憧れる存在

角行 星野みなみ

真っ直ぐは進まないクセモノタイプだが持っているポテンシャルはエース級

飛車 齋藤飛鳥

今後の乃木坂46を担っていくエース候補

王将 西野七瀬

センターであり他のメンバーが必死に守りたくなる存在

感想

西野七瀬が王将というというのは誰もが納得いくところでしょう。

私が気になったのが、飛車の飛鳥と角をみなみにしたところです。

飛車が成ると龍になり、角が成ると馬になります。

龍と馬は、両方とも将棋で最強の駒と言われています。

ということは、伊藤かりんから見て西野七瀬の乃木坂のエースポジションを継ぐのは、齋藤飛鳥か星野みなみであると見ているということです。

【関連記事】

[blogcard url=”https://terada-tax.com/%E4%B9%83%E6%9C%A8%E5%9D%8246/%E4%B9%83%E6%9C%A8%E5%9D%8246%E7%B4%85%E7%99%BD%E5%87%BA%E5%A0%B4%E6%B1%BA%E5%AE%9A%EF%BC%81%E6%9D%BE%E6%9D%91%E6%B2%99%E5%8F%8B%E7%90%86%E3%81%95%E3%82%86%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%AF%E8%A8%B1/”]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す