寺田拓生税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

今こそ中元日芽香(ひめたん)はリボン屋ビジネスに乗り出すべきだ!

calendar

reload

今こそ中元日芽香(ひめたん)はリボン屋ビジネスに乗り出すべきだ!

我らがひめたんこと中元日芽香が将来リボン屋さんになりたいと発言していたのは有名な話である。

私はこの画期的なビジネスモデルを乃木坂46合同会社が横取りするのではないかと危惧している。

以前、乃木坂46合同会社は西野七瀬のオリジナルキャラクターである「どいやさんグッズ」を発売して荒稼ぎをしている。

ミュージカル「リボンの騎士」の主役を同じ中3トリオの生田絵梨花がやったことに私はまだ納得していない。
乃木坂46でリボンと言ったら中元日芽香しかいない。
ひめたんこそサファイアに相応しい!

このように私は運営サイドに対して不信感を抱いている。

正直、今、中元日芽香は来ている。

その証拠に私のこのひめたんブログも少しずつアクセスを伸ばしている。

時代がひめたんに追いついたと言ってもいい。

ひめたんの妹のなんとかメタルが売れて来たのも追い風である。

なんでも海外では、KAWAII(かわいい)というのが流行っているようだ。

今こそひめたんの夢であるリボン屋ビジネスに乗り出す時が来たのである。

マーケットは世界だ。

出来ればこのビジネスは乃木坂46合同会社を通さないでやりたい。

乃木坂46合同会社を通してしまうと利益がひめたんに還元されないからである。

もし、乃木坂46合同会社を通してしまうとリボンビジネスの収益は、乃木坂3期生や欅坂46の投資資金に回ってしまうからである。

今のひめたんの勢いなら都市銀行や外資から資金を集めることも可能である。

私も今まで培って来た財務や税務の知識を無償で提供したいと思っている。

もしかしたら、私はひめたんのリボン屋さんを成功させるために生まれて来たのかもしれない。

この記事をシェアする

コメント

  • >>ミュージカル「リボンの騎士」の主役を同じ中3トリオの生田絵梨花がやったことに私はまだ納得していない。
    生ちゃんのファンを無駄に煽ってひめたんアンチを増やさないでほしい
    そもそも他メンを叩きながらひめたんを応援してもひめたんアンチを増やすだけですよ

    by あんまん 2016年5月15日 11:43 PM

    • 盲点でした。

      by 税理士の寺田さん 2016年5月16日 10:56 PM

down コメントを残す