Home » 坂道編 » 乃木坂46とは生田絵梨花のことである

乃木坂46とは生田絵梨花のことである

calendar

reload

乃木坂46とは生田絵梨花のことである

生田絵梨花というものを一言で表現するとしたら怪物である。

歌も上手く、ピアノはプロ級。芝居も上手い。スタイルもいい。

バラエティー番組でも、圧倒的な爆発力を持つ。

IH事件、フィンランド民謡と数々の伝説を作って来た。

乃木坂46の創世記は、生生星(生田、生駒、星野の略)としてフロントメンバーを努め、現在の四天王体制(西野、白石、生田、橋本)でも、圧倒的な存在感を放つ。

乃木坂46の楽曲もほとんどベースとなっているのは生田絵梨花の歌声である。

彼女はドイツのドュッセルドルフで生まれ、4歳からピアノを習い始めた音楽エリートであった。

子供の頃『アニー』を見てから、ミュージカル女優に憧れを持つようになる。

そして先日、生田絵梨花がミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の主演が決定した。

オーディションから参加したらしい。上演は来年の1月から始まる。

『虹のプレリュード』に続きミュージカルは2作目の主演となる。

こんなに嬉しいニュースなのに、私は少しの寂しさを感じてしまった。

彼女は今、子供の頃からの夢だったミュージカル女優として羽ばたきつつある。

生田絵梨花は、もう乃木坂46という看板が無くても活躍できる。

秋元康氏の有名な発言で次のようなものがある。

AKB48とは、高橋みなみのことである。

私はこう思う。

乃木坂46とは、生田絵梨花のことである。

即ち、生田絵梨花が卒業を迎える時、乃木坂46も終わりを迎える。

最近よく聞く「乃木坂らしさ」という言葉も私は生田絵梨花らしさのことだと解釈している。

この記事をシェアする

コメント

  • 2年後に貴殿のこのコメントの正しさが証明されると思います。

    生田絵梨花は、2年後にはさすがに卒業しております。
    詳しく書くと1000文字になってしまいますので、簡単に言うと
    「ミュージカルビジネスの主催者東宝が黙っておれないから」

    2018年に東宝から生田絵梨花の移籍のお誘いがあり、SME内部で大騒動になりました。
    運営側はじめ、彼女の才能を割と軽く見ていたふしがありますが、東宝にとって30年に一人の逸材です。
    歌と演技は発展途上ですが、彼女が舞台に連れてくる男性ファンの数の多さが東宝ミュージカルの分岐点になるきっかけになりました。
    今までミュージカルの顧客の8割は日本の富裕層のマダム。宝塚のファンとも重なっている方々。だから、若い女優さんが育たないし、若い女優さんを主役とするような舞台は作らない。
    客層が固定して、演目の傾向も固定しているので、売り上げ規模が長年にわたり成長していかない。
    だから、ギャラが安く、有名な俳優さん女優さんは、ミュージカル専念では食っていけない、事務所的にもTV中心にシフトせざるを得ない。

    コロナで中止した「四月は君の嘘」こそ生田絵梨花が座長として営業する演目となり、永い東宝ミュージカルでも転換点となる、2.5次元ミュージカルであり、顧客層が若い男性と若い女性をターゲットにしたは初めての演目。
    この分野を開拓できたら、その顧客が年齢とともにもっと大人の演目にシフトしていくという永年東宝が夢見ても実現できなかった新規プロジェクトと言える程の希望の星。

    これをきっかけにSMEは東宝と芸能事務所4社に対して広範囲なアライアンスを組みました。
    音楽業界・TV業界の衰退への一つの対処方の一つとして、大手ジャニーズ、アミューズ、ホリプロ、東宝芸能とコンテンツの製作者になる道を選択しました。
    ここの話は次にどこかで。

    by 太陽光線 2020年5月27日 7:57 PM

down コメントを残す