税理士の寺田さん

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

サブカルおしゃれ苔野郎の帰還

calendar

10枚目シングル『何度目の青空か?』の頃だろうか。

「まりっかは絶対に次くる!」と言われており次世代センターを期待されていた。

なぜ、彼女は福神の壁を破ることが出来なかったのか。

なぜ、まりっかはアンダー落ちしてしまったのか。

ブブカ9月号の伊藤万理華のインタビューからその原因の一端が見えた気がする。

彼女自身による分析によるとサブカル好きの「伊藤万理華」が独走したことによりアイドル「まりっか」がかき消されてしまったのではないかと言うのである。

選抜でも3列目なりに自分の出し方というのをこの1年間努力してきた。それが仕事にもつながったし満足もしていた。ただ周りから求められていたものと自分の満足するものとが微妙に違っていた。

そんなおりスタッフからも「アイドル性に欠けているのではないか?」という指摘を受けることもあったが「いや、私は私でやっていくんで」と聞く耳を持つことが出来なかった。

サブカル方面に力を入れて頑張っているうちにファン層も少しずつ変わって行き同時にアイドルとしてはしゃいでいた頃の自分を忘れてしまった。

当時はブログの写真でも可愛くはしゃいたり、ふざけて撮ったやつを全然貼っておらず、絵文字もないし文章からも覇気が失われていた。

しかし、現在ではまたアイドルとしての「まりっか」を見せたい気持ちが強くなっている。

そのきっかけとなったのがアンダー楽曲の『シークレットグラフィティー』のMV撮影だった。

内容もはっちゃけたものだっため「私ってこういう人だったな」と思え、そこでようやくまりっかを取り戻すことが出来た。

『シークレットグラフィティー』のMVを観て貰えれば「あ、まりっかが帰ってきた!」と思って頂けるだろう。

最後に彼女からこれだけは言っておきたいそうである。

実は今、「万理華はアンダーに行った途端、輝いてるね?」と言われていて。そういうことじゃないってことは、ちゃんと伝えたいんです!自分で気づくのが遅かったからこうなっただけで(笑)。アンダーに戻った途端に前にいさせてもらえてるわけだから、そう思うのもわからないではないですけど、「万理華はアンダーのほうがいい」と言われるのはやっぱり悔しい。それは絶対違うので!

<参考文献>BUBKA (ブブカ) 2016年09月号

この記事をシェアする

コメント

  • 写真セレクト、グッドです。

    さゆまりは、誰かの代打でテレビ等にほぼ出てますね。
    ほかのアンダーのチャンスはねえぜ、ってくらいの安定感がある気がして、
    これだから、ひめたんもなかなかチャンスがつかめなかったんだな、
    って改めて思いました。

    by appi 2016年8月2日 1:27 AM

down コメントを残す




folder 俺のアイドル

三代目奇跡の一枚 終演後物販の兎遊ちゃんとチェキを撮りに行く
天晴れ!原宿無銭フェス「エンドレスサマー」は母親の胎内である
BiSHのTBSはTIF4日目である
more...

folder 乃木坂46

『逃げ水』の全国握手会に行く@幕張メッセ
乃木坂のアンダラ東京公演に行く
16枚目シングル「サヨナラの意味」第12次個別握手会完売表
more...

folder 欅坂46

不協和音の全国握手会でやらかした
『二人セゾン』全国握手会in幕張メッセにぽんかんそくに行く
欅坂46の初ワンマンライブ有明コロシアム公演に行く
more...

folder BABYMETAL

THE ONEのBIG TEEを着てみました
ベビーメタルの東京ドーム公演『黒い夜』に行って来ました
ひめたんと握手してきました。
more...

folder 税理士試験・税理士業界

No Image

No Image

No Image

more...

folder 税務会計

No Image

No Image

No Image

more...

folder 仕事について

こんまり流片づけメゾットで大掃除したら部屋から何もなくなりました

No Image

No Image

more...