寺田税理士事務所

群馬県藤岡市の会計事務所

ブラック企業を見分ける3つの方法

calendar

reload

ブラック企業を見分ける3つの方法

こんにちは、税理士の寺田です。

税理士っていうのは、ほんとクレイジーな人が多いです。

私の先輩の税理士のAさんというのがいます。

Aさんとある日、一緒にガストで昼飯を食べた時なのですが、Aさんは、ドリンクバーを注文しないで、勝手にオレンジジュースを飲んでいました。

「ドリンクバー注文しないんですか?」と私が質問したら、

「オレ、そんなの頼んだことねーよ」と返して来ました。

Aさんは、ドリンク代を節約して、キャバクラに嵌ってました。

ほんと、クレイジーですね。

昔の上司の税理士のBさんは、新入社員の私に、「所得税の条文を暗記して来い!」と命令してきて、毎朝、朝のミーティングで私1人が暗記して来た所得税の条文を朗読させられました。

クレイジーです。

今日は、私が発見したブラック企業の見分ける3つの方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.夜10時まで電気が点いている会社は怪しい

もし、あなたが会社の内定をいただいたら、夜の10時に会社を見に行って下さい。

もし、その会社に電気が点いていたら、怪しいと考えてた方がいいでしょう。

朝9時から始業だとして夜の10時に電気が点いているということは、1日12時間以上仕事をしているということになります。

1日12時間以上労働するっていうのは、本当にしんどいです。

このような、会社は離職率が高いと考えていいでしょう。

私の業界だと大手の税理士法人に多いです。

大きな案件を経験できるかもしれませんが、かなりの確率で体調を崩しますので注意して下さい。

2.ハローワークの求人がいつも出ている

いつみても、ハローワークで求人を出してる企業ってありますよね。

会計事務所だと〇KCとか多いです。

ハローワークでいつも求人が出ているということは、離職率が高い可能性が高いです。

それに、慢性的に人が足りないため、残業が多い可能性が高いです。

3.社長の娘が必要以上にうるさい。

これは、実際には入社して見ないとわからないのですが、同族会社に特に多いです。

実力がない二世が、幅を利かせている会社ってほんとしんどいです。

私が、トイレに行くのにも、報告しなければ行けませんでした。

刑務所かよ!」と思ったものです。

4.まとめ

石の上にも3年という言葉もありますが、体を壊しては意味がありません。

もし、仮にあなたが、ブラック企業に入社してしまったら、今の会社で5年後の自分をイメージすることが出来ないようであれば、最近は転職エージェントや転職サイトも充実して来ていますので、転職を視野に入れてもいいのではないでしょうか。

でも、女房、子供がいるかたは、よく相談してからにして下さい。

この記事をシェアする

コメント

  • この記事よくわかります。
    税理士法人(特に大手でなく10-30名ほどの中小)がひどい。一度お世話になったところは、一税理士法人のなかに身内が6-8人いました。
    ずっとハローワークに求人が出てる。
    辞める人多い。1年で少なくとも10人以上は人が変わっているところでした。
    みなし残業で、タイムカードは手書き(ある時間以降は書かないようにプレッシャーをかけてくる)
    23時まで仕事も常態化。
    社員は寮とは名ばかりの隣の建物で寝ていたりしました。
    税理士法人にお歳暮お中元を贈らないとこっそり呼び出され注意される。
    ホームページに社内旅行の楽しそうな感じがでていてもそれに惑わされてほしくないですね。
    やつれたし、数年後が見えずに辞めました。

    身内が多いところ、ハローワークにずっと出ているところはまずブラックだと思ったほうがいいです。

    今は資格も取り、税理士法人登録はしていない事務所ですが、もっと小さい事務所でのびのび仕事をさせてもらっているので、拾ってくれた今お世話になっている代表に感謝です。

    by 名無し 2017年10月25日 2:36 PM

down コメントを残す