税理士の寺田さん(仮)

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

医療費控除 保険金で補てんされる金額は疾病ごとで計算します

time 2016/02/05

医療費の集計ってほんと大変です。

正直、医療費控除なんて無くなってしまえばいいと思っています。

今日紹介するのはプロでもたまに勘違いしている人もいますので注意して下さい。

病気で入院した場合に、民間の医療保険がおりた場合にこういった例が出てくることがあると思います。

sponsored link

支払った医療費を上回った補填金等 所法73①

次のような医療費の内訳だったとします。

A疾病 医療費 10万円(保険金で補てんされた金額12万円)
B疾病 医療費  7万円
C疾病 医療費  5万円

この場合には、

10万円+7万円+5万円-12万円=10万円

と計算して10万円以下なので確定申告無しと判断してしまいがちです。

ですが、実際には保険金で補てんされる金額は疾病ごとで計算しますので10万円を超えた部分を他の医療費から差し引きません。

正しい計算は、

(10万円-10万円)+7万円+5万円=12万円

となり、医療費控除の対象となります。

関連記事年間10万円以下の医療費でも医療費控除が受けれる場合

sponsored link

down

コメントする




乃木坂46

欅坂46

BABYMETAL

その他のアイドル

税務会計

管理人

税理士の寺田さん

税理士の寺田さん

税理士。記事の内容の無さには定評がある。 [詳細]



sponsored link

寺田さんのツイッター