税理士の寺田さん

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

AKB48のドキュメンタリー映画を見て来た。

time 2016/07/09

AKB48のドキュメンタリー映画を見て来た。

ひめたんとまっちゅんが今日発売の「月刊ニュータイプ」に載ってるというので立ち読みしに行ったが袋に入っていて読めなかった。

何ページ載ってるか分からない雑誌に800円払う勇気が持てなかった自分が情けない。

こういう所が私が「にせきゅん」では無いかと疑われる所以であろう。

中学時代に放送部の部長を務めたこともある、我らがひめたんなら必ずや爪痕を残してくれただろう。

とにかくアニメ声優部が本格的に始動してくれたことが嬉しい。

まっちゅんのプロデュース能力はさゆりんご軍団を見てもわかるように、今後福神の座を狙う我らひめきゅんの驚異となることだろう。

近年、若者の選挙離れが進んでいるという。

選挙に行かず参政権を行使しないことは緩やかな自殺を意味する。

私も選挙に参加しなかった。

正直、誰が立候補しているのか分からなかったし、私が選挙に行かなくても指原が政権を取ることは予想出来たからである。

グループ別ではAKB48が80人中、28人で最多議席を獲得。

前回SKE48に奪われた「第一党」の座を奪い返した。

第一党になったAKB48には劇場公演の新しい演目が与えられる。

昨日、AKB48のドキュメント映画「存在する理由 DOCUMENTARY OF AKB48」を見て来た。

本作は先月行われた選抜総選挙の舞台裏をメインにしたドキュメンタリー作品である。

14期生の「三銃士」こと岡田奈々、小嶋真子 、西野未姫。

「いちごやんず」と言われていた15期生から頭角を現して来た向井地美音や込山遥香。

チーム8の公演で「ガチ恋口上」を絶叫するエイター達。

つんく♂、ももクロのプロデューサーの川上氏、文春のスズキ記者に対するインタビューも見応えがあるものであった。

唯一、残念なのは12期生の武藤十夢ちゃんが全然出ていない所である。

私は密かに期待していたのである。

中元日芽香より熱くなる物語がどこかにあるのではないかと。

しかし、中元日芽香より私を熱くさせてくれる物語は残念ながら今のAKB48 には無かった。

ひめたんを超えることが出来るのはひめたんしかいない。

ひめたんこそ至高でありその立つ場所は孤高である。

sponsored link

down

コメントする




乃木坂46

欅坂46

BABYMETAL

その他のアイドル

税務会計

管理人

税理士の寺田さん

税理士の寺田さん

税理士。記事の内容の無さには定評がある。 [詳細]



sponsored link

寺田さんのツイッター