税理士の寺田さん

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

【乃木坂46】『今、話したい誰かがいる』PV 感想

calendar

reload

【乃木坂46】『今、話したい誰かがいる』PV 感想

こんにちは、税理士の寺田です。

10月6日に乃木坂46の13枚目シングル『今、話したい誰かがいる』のプロモーションビデオが公開されましたので、感想を書きたいと思います。

まだ、見ていないかたがいたら、フルバージョンはCDが発売される10月28日の0時までの限定公開となっていますのでyoutubeの公式ページから見て下さい。

年末にMV集を発売するので、フルバージョンは期間限定にしたいのだと思います。

私は、ヘビーローテーションで見てるので発売前に曲に飽きてしまうかもしれません。

映像監督を務めたのは、過去に西野七瀬と松村沙友里の「個人PV」を手掛けたことのある萩原健太郎さんです。

また、『気づいたら片想い』のMVで企画・脚本を手掛けたクリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光さんが参加しています。

スポンサーリンク

感想


最初に、曲を聴いた時には、あんまりいい曲には、聞こえなかったんですけど、何回か聞いてるうちに、だんだん好きになってきました。

スルメ系楽曲というんですかね。やっぱり乃木坂の曲はイントロがピアノだといいですね。いくちゃんの伴奏する可能性もありますし。

『君の名は希望』、『何度目の青空か?』が、私の中では、神曲なのですが、今作はそこまでは、響きませんでした。

前作の『太陽ノック』よりは、好きな曲になりそうです。

PVの感想ですが、構成としては、レッスン風景とかがありましたので、『気づいたら片想い』、『太陽ノック』を連想させられました。簡単に言うと、定番の田舎でダンスです。

正直、新鮮さに欠けます

今回は、Wセンターということでしたが、PVでの主役は西野で準主役が白石という感じでした、そういう意味でも『気付いたら片想い』のイメージが強かったです。

今回、10福神になった、齋藤飛鳥と星野みなみの出番が少な過ぎるのが残念でした。

3列目の生駒より出番が少ない気がします。

生駒ちゃんが、指でカウントをとるシーンがいいです。

他の3列目は、ほとんど写ってないです。

フロントの衛藤、深川も出番が少ないです。

西野、白石、生田、橋本の四天王時代がしばらく続くということでしょうか。

なーちゃんが嫌いな訳ではないのですが、なーちゃんの個人PVみたいな感じですので、他のメンバーがもっと生きるPVにしてほしかったです。

こんなに目立つと、なーちゃんが生駒ちゃんみたいにアンチに叩かれてしまうではと不安になってしまします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 俺のアイドル

TIF(東京アイドルフェスティバル)2017で3日連続、無銭する
BiSHとわい、幕張メッセで優勝する
オサカナの三周年ライブを見に行く
more...

folder 乃木坂46

乃木坂のアンダラ東京公演に行く
16枚目シングル「サヨナラの意味」第12次個別握手会完売表
16枚目シングル「サヨナラの意味」第11次個別握手会完売表
more...

folder 欅坂46

不協和音の全国握手会でやらかした
『二人セゾン』全国握手会in幕張メッセにぽんかんそくに行く
欅坂46の初ワンマンライブ有明コロシアム公演に行く
more...

folder BABYMETAL

THE ONEのBIG TEEを着てみました
ベビーメタルの東京ドーム公演『黒い夜』に行って来ました
ひめたんと握手してきました。
more...

folder 税理士試験・税理士業界

No Image

No Image

No Image

more...

folder 税務会計

No Image

No Image

No Image

more...

folder 仕事について

こんまり流片づけメゾットで大掃除したら部屋から何もなくなりました

No Image

No Image

more...