税理士の寺田さん

群馬県の藤岡市で会計事務所をやっています。

『初森ベマーズ』の感想と『乃木坂46』という物語の終焉について

calendar

reload

『初森ベマーズ』の感想と『乃木坂46』という物語の終焉について

こんにちは、税理士の寺田さんです。

初森ベマーズ全話見終わりましたので感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

感想

正直、糞みたいな内容のドラマでした。

1時間あれば、誰でも考えらるようなストーリーです。

というとつまらないのかと言うと、毎週、大変おもしろく拝見させていただきました

なぜ、糞みたいな内容のドラマがおもしろいかと言いますと、私は大の乃木坂46ファンだからであります。

彼女達が、デビューした頃から知っています。

脇役も、乃木坂46のメンバーで固めてあるので、それらの出演者のこともよく知っています。

彼女達が、どの曲で選抜に入ったのかも年齢も、だいたい頭の中に入っています。

簡単に言うとこの『初森ベマーズ』は、AKB48の『マジすか学園』と一緒でアイドルドラマです

もっと悪く言えばPVの延長です。

だから、乃木坂46のファンしか見てはいけません

それ以外の人は、見てはいけません。時間の無駄です。

私は『乃木坂46』という物語の中の一コマとして『初森ベマーズ』をとらえているのです。

だから、『乃木坂46』という物語がおもしろい限り、この『初森ベマーズ』がつまらないということはないんです。

『乃木坂46』という物語の前には、私は『ももいろクローバー』という物語が好きでした。

私の中の『ももいろクローバー』という物語は、AKB48が全盛のアイドル界の中で、底辺から紅白を目指すというものでした。

紅白に出場した時の『走れ怪盗少女』で、「We’re the ももいろクローバー レニ カナコ アカリ シオリ アヤカ モモカ」と、脱退した早見あかりの名前が呼ばれた時には、涙を隠すことができませんでした。

「あーよかった、彼女達は本当に夢を実現したんだ」

しかし、紅白に出場した時点で私の中で『ももいろクローバー』という物語が終わってしまいました。

現在、私が危惧しているのは、『乃木坂46』という物語が、今が最高潮であるのではないかと言うことです。

今、思うと去年紅白に出場できなかったのも、よかったような気がします。

物語に深みが増しました。

今年は、紅白に出ることになるでしょう。

そうすれば、松村沙友里も自分が背負わされた十字架を下すことができます。

私の好きなNHKの大河ドラマには、すでに十福神は出演しています。

紅白に出れば、ますますファンは増えることでしょう。

新しいファンが増えれば、現在の乃木坂46の中の一期生を中心とした勢力図も変わるかもしれません。

紅白に出場するということは、「国民的アイドルグループ」という証です。

国民的アイドルに私の応援など必要でしょうか。

必要ないですよね。

私は、しがない田舎町の税理士ですから。

どんな物語にも終わりが来ます、永遠などありません。

いつか、『乃木坂46』という物語にも終わりが来るでしょう。

中田花奈さんが唱える「アイドル17歳ピーク説」のように、ひとときしか輝かないからこそ、素晴らしいのだと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder 乃木坂46

乃木坂のアンダラ東京公演に行く
16枚目シングル「サヨナラの意味」第12次個別握手会完売表
16枚目シングル「サヨナラの意味」第11次個別握手会完売表
more...

folder 欅坂46

『二人セゾン』全国握手会in幕張メッセにぽんかんそくに行く
欅坂46の初ワンマンライブ有明コロシアム公演に行く
「@JAM×ナタリーEXPO 2016」1日目に行く
more...

folder BABYMETAL

THE ONEのBIG TEEを着てみました
ベビーメタルの東京ドーム公演『黒い夜』に行って来ました
ひめたんと握手してきました。
more...

folder その他のアイドル

℃-uteの解散コンサートに行く
松井珠理奈「お前負けろよ」って目で見てました
まゆたが卒業したので絶叫する60度の魁ちゃんの腹筋を見に行く
more...

folder 税理士試験・税理士業界

No Image

No Image

No Image

more...

folder 税務会計

No Image

No Image

No Image

more...

folder 仕事について

こんまり流片づけメゾットで大掃除したら部屋から何もなくなりました

No Image

No Image

more...